肥満体質の男女

肥満の方は、それを自分のスタイル、人生だと思っていませんか?もちろん、人によって食べる量や太りやすい体質などがあります。しかし、そのままではいけないのです。健康に、大切な人と一緒に長く元気でいたいと思うなら、まずは肥満を解消しましょう。

肥満の人が間食を二週間やめた場合

肥満は健康に大敵です。肥満が原因で、高血圧、睡眠時無呼吸症候群、脳こうそく、心筋梗塞、関節炎といった様々な病気を引き起こします。それで、肥満の人はできるだけ早く解消しましょう。解消するのに役立つことはいろいろいありますが、その一つが間食をやめるということです。肥満の人のほとんどは、三食の食事以外に甘いお菓子を食べることを習慣としています。ドーナツ、生クリームたっぷりのケーキ、チョコレート、あんこがいっぱい詰まったタイ焼き、などはたしかにとてもおいしいですが、すべてカロリーが高いうえに糖分が多いですので、毎日間食として食べるのはあまり良くないといえるでしょう。それで、もし自分がこういったおやつを毎日のように食べているなら、まずは二週間控えてみましょう。体重の減少には個人差がありますが、早い人では二週間ほどでウエストがワンサイズダウンしてくる人もいます。また、1~2キロ体重が減る人もいます。ワンサイズダウンしたり1~2キロ体重が落ちただけでも、体は軽くなりますので気持ちがいいでしょう。二週間間食をやめることができたなら、もう二週間続けてみましょう。さらに、体が軽くなるのを実感できることでしょう。慣れるまでは最初はきつく感じたり、口が寂しく感じるものです。そういった時には、リンゴを一口食べたり、野菜スティックを食べるようにしましょう。徐々に間食を取らない生活に慣れていくでしょう。しかし、無理は禁物です。あまりにも無理をして自分を追いつめてしまうなら、リバウンドをしてしまうからです。間食がすべて悪いとは限りませんので、たまには自分へのご褒美としてカロリーが低いものを選んで食べましょう。