9月 16

任意売却は意外と知られていない方法ですが、やるのとやらないのとでは経済的に大きな違いがあります。強制的にローンの担保にした不動産を競売にかけられてしまうと、かなり低い相場で取引されることになりますが、自ら売りに出す場合は別です。適正の相場で取引することができるようになるので、借金返済に大きく貢献できます。実は担保を競売にかけたにもかかわらず、借金が残ったままというケースも多いのです。では具体的にどうすればいいかというとまずはこちらをご覧ください。
★★参考→任意売却の任意売却サポート★★

上記のリンクに繋がっているサイトは不動産販売のノウハウを持っている会社が発信しているものです。東証一部上場「大成建設」グループ企業ということもあり、安心して任意売却の相談を行うことができます。任意売却の必要性がある方というのはかなり精神的に追い詰められていることが多いです。なにしろ普通の手立てではローン返済が困難になっているのですからね。しかし、逆境にいるときこそ冷静に対処していかなければ事態は好転しないので、早いうちに手続きを取ることをおすすめします。

そもそも任意売却というものを一切知らないという場合でも、上記サイトには基本知識項目も載っているので悩むことはありません。


9月 7

同棲を条件とした賃貸契約は嫌われることがあります。単身用の賃貸物件に同棲では契約違反になることもありますので同棲目的で部屋を借りるときには同棲を認めてくれる物件にしておきましょう。同棲での賃貸契約が嫌われる理由はいくつかありますが、近所トラブルの多さや、部屋の劣化が早まること、別れた時に家賃負担が高まり払えなくなるということを危惧したケースが多いようです。

同棲目的で部屋を借りるときには二人で暮らす時にどういった生活を送ることになるのかを予想して部屋を借りてみるといいでしょう。価値観も違いますし、行動パターンも違ってくるかもしれません。仕事などをしていると片方が夜勤だった時には時間の擦れ違いが起こります。こういった二人の生活パターンの違いなどを理解したうえで快適に同棲生活を送ることのできる賃貸物件を見つけてみてください。

同棲は結婚とは違い簡単に別れることができてしまいます。残された方は今まで二人で払っていた家賃を一人で負担することになります。これはかなり大きな負担になり大変です。一人でも暮らしていける家賃の物件を探してみるとことも必要です。住むときは二人でも時間の流れの中で一人になってしまうという可能性を考えて賃貸契約を結んでみて下さい。


9月 3

賃貸契約の契約で多いお悩みなのですが、まだ籍を入れていないカップルが同棲する場合はどうすれば良いのかというものがあります。賃貸の契約欄にそれは記入すべきなのか、家賃の支払い等はどうなるのか、などの心配をする日人も多いそうです。賃貸で別世帯の人たちが同物件に住む事には問題はありません。家賃につきましても一人分で暮らす事が可能になります。最近ではルームシェアといいまして、家賃を複数人で折半して大き目の部屋で皆で暮らすという生活スタイルもあるのです。

この同棲をする際の注意点なのですが、賃貸の名義欄は代表者ひとりで十分なのですが、市役所などで住所変更登録をする際にはややこしい事になるかもしれません。同棲をする側は、本当に登録されている世帯主の許可を得てその物件に住んでいるのかを、念を押されて確認される場合があります。その際には、本人からのサインなどが書かれた手紙や、電話連絡などで確認が取れませんと移住許可が取れませんので、同棲の際にはお互いのスケジュールは空けておいた方が良いかもしれません。

同棲の際に役所に届出を入れずに住む事はできるのですが、何かの拍子に住所不定者になってしまう危険があります。面倒な事だとは思うのですが、市役所には現住所をしっかり連絡するようにしましょう。